おもに Groovy やアジャイル開発について勉強していることを書き散らしてます。
わたしのひとりごとが、だれかのお役に立てればと…

思考停止をなんとかできるか?

「他のところで実装していたのをマネしました」
「すでに実装してあるのを参考にして問題ないと思ってました」

この思考停止をなんとかしたい。

コピペ多発、共通化無視。
作ったときはいいけれど、あとあと面倒なことになることがどうしてわからないのだろう。

というようなことを指摘すると、「なるほど。わかりました」 と納得してくれる。
とは言うものの、言われて返事しただけで習慣が治るはずもなく、徒労感をひそかに感じる。

設計力、実装力。それぞれ強化するためにはただ単に経験をつむだけでは効果はない。
工夫をこらしたり、頭を使ったり、そういうトレーニングがともなわないといけない。

生産性向上を追求するあまり、徹底した標準化、共通化、そして自動生成が充実してきている。
一方で、そういう環境では頭のトレーニングが必要とされないのも確か。

エンジニアやプログラマを育てるためには、どうしたらよいのか?
遠回りでも試行錯誤させて、悩ませて、ゼロから作らせて、血肉化するしかないのかもしれない。
ただ、そんな余裕は開発現場には与えられていない。

むずかしい。